実物大の木造耐力壁を組立て、足元を固定した状態でどちらか一方の壁が破壊するまで、 桁を互いに引き合わせて対戦させるイベントです。この数年間は16体のトーナメント戦を行っています。知力と技能、そしてチームワークが試されます。最後まで勝ち進んだ耐力壁には、トーナメント優勝杯が贈られます。 またコストパフォーマンスを示す評点がもっとも高い耐力壁にはジャパンカップ優勝杯が贈られます。

決勝トーナメント 対戦映像へのリンク

決勝トーナメント 対戦映像へのリンク

平成26年10月5日に日本建築専門学校で行われた決勝トーナメント その対戦模様をまとめた映像をYouTubeにアップしました。 決勝トーナメント第1試合 決勝トーナメント第2試合 準決勝 第1試合 準決勝 第2試合 決勝戦 決勝トーナメントは、予選を勝ち抜いた6体で行われました。 1日目と2日目の予選それぞれで最大耐力を経験した耐力壁をシード扱いとしました。       […]
平成26年度 協賛団体

平成26年度 協賛団体

平成26年度の協賛団体は、次の1社です。投稿を表示 株式会社ポラス暮し科学研究所 サイト右上のトップメニューかリンクのページからサイトへ移動することができます。
お知らせ

第19回のトーナメント表および成績表の公表

平成28年9月17日、18日、19日に行われた第19回木造耐力壁ジャパンカップのトーナメント表および成績表を公開します。 2016JC トーナメント表(公表) 2016JC 成績表(公表)

予選方法の変更 審査員の確定 募集要項の修正版

出場耐力壁が10チームとなったことに伴い、昨年度と同様に120分の1ラジアンまで変形させた荷重の上位8体が決勝トーナメントに進出する形式の予選を実施することにいたしました。 また、本年度のデザイン評価をする審査員が次の3名の方々に確定しました。 古久保英嗣:公益財団法人 日本住宅・木材技術センター 理事長 岡本憲尚:岡本構造研究室 代表 山代悟:建築家(ビルディングランドスケープ共同主宰) 大連理 […]

募集要項の施工時間の例示 計算ミスの訂正

募集要項の中の施工時間の計算を例示している箇所で55分と記載すべきところを65分と記載しておりました。その箇所を修正したファイルをアップしました。それ以外の変更はありません。 平成28年度木造耐力壁ジャパンカップ募集要項(6月30日 修正版)

平成28年度 データシートの公開

平成28年度 データシートです。 提出の際には、ここからダウンロードして、 必ず本年度版を使用してください。H28年度 データシート

平成28年度 募集要項とエントリーシート 公開

平成28年度 募集要項とエントリーシートを公開します。 以下のリンク先からダウンロードしてください。 ※5月2日に公開した募集要項においてデータシートの提出期限の記載が誤っておりました。正しくは9月7日(水)です。リンク先を訂正したファイルに差し替えました。(5月20日) 平成28年度 募集要項 H28JCyoukou0520 平成28年度 エントリーシート(PDF) H28JCentry 平成2 […]

平成28年度 日程は9月17日から19日

平成28年度の日程を決定いたしました。 実施日は9月17日(土)、18日(日)、19日(月)です。 決勝トーナメント戦を19日(月)に行う予定です。 会場は例年通りの日本建築専門学校(静岡県富士宮市)です。 参加予定の皆さまにおかれましては、 スケジュール調整等お願いいたします。 募集要項等の公示は5月初めに行う予定です。

H27 募集要項 予選方法の変更版

H27JCyoukou 変更版0807 出場耐力壁が10体となったことに伴い、予選方法を変更しました。 その変更を加えた募集要項の変更版です。
H27 対戦および施工、解体、インタビュー映像

H27 対戦および施工、解体、インタビュー映像

対戦および施工、解体、インタビュー映像を公開しました。

H27出場耐力壁紹介⑩ KATSUKI2

団体名:四国職業能力開発大学校 耐力壁名: KATSUKI2 耐力壁の特徴 金物を使わず、木材のみで組み立てました。格子状に組み、交差している部分の接合力で耐力を出しています。また、仕口は下げかまで引き抜きがなるべく起こらないように工夫しました。

H27出場耐力壁紹介⑨ びわ湖1号

団体名: 木考塾 耐力壁名: びわ湖1号 耐力壁の特徴 この耐力壁は、概ね全ての材料を国産赤松を用いて製作しています。構造要素は貫であり、その貫を前後に傾斜をつけて配置することにより、多くの貫を用いる事が可能となりました。更に、挟み梁の要素を取り入れた部材を足元に配置し、金物との取り合いを工夫したことで、引抜きに対する抵抗と剛性の向上を目指しています。

H27出場耐力壁紹介⑧ Aegis (イージス)

団体名:滋賀職業能力開発短期大学校 耐力壁名:Aegis (イージス) 耐力壁の特徴  5年前の「傾斜貫型耐力壁」から始まり、近年は貫の持つ粘りと筋交いの持つ堅さの2つの特徴を兼ね備えた「筋交い型耐力壁」へと進化してきた。そして本耐力壁は、滋賀職能大の集大成として粘りと硬さを兼ね備えたハイブリッドな耐力壁が完成した。

H27出場耐力壁紹介⑦

団体名:kiba 勝 timbers 「東京木場製材協同組合、網中木材(株)」 耐力壁名: いたまさん 耐力壁の特徴 多摩産材のヒノキをふんだんに使い、金物を一切使用せず板壁を基本として 作製しました。板壁の弱点である剛性は施工精度と四周に打ち込んだ木ダボ で解消し、高い靭性を貫によってさらに高める仕様としました。柱脚に補強材 を用いることで引抜耐力の向上を図りました。